今日見た夢は久しぶりの悪夢でした。殺す殺されるのバトルロワイヤルのような激しさで、そりゃもう大変。起きた早々グッタリしちゃいました。

それが関係しているのかわかりませんが、耳鳴りが半端なかったです。頭の中で地響きのようにビービー鳴っていました。

耳鳴りがひどいと、頭もぼーっとしてしまってダメですね。起き上がるのが大変でフラフラ。昨夜もフラフラしていたのですが、何が原因なのでしょうか? うつの症状? はたまた、ちょっと疲れが出たのでしょうか?

あぁー、冬なのにセミが鳴いている……。

耳鳴りの対処法、何かないものでしょうか?

耳鳴りは危険信号?


健康な人でも、耳鳴りの経験がある方はいらっしゃると思います。

ネット上での情報によると、病気の有無にかかわらず、耳鳴りに悩む人がいて、症状はさまざまなものがあるそうです。

私がうつ病を発症してから悩まされている耳鳴りは「ジーーーーー」という音です。頭の中や耳の中で聞こえる感じ。

突発的に「キーン」と甲高い音がするときもありますが、こちらの場合は比較的すぐ治まります。


[人が音を聞くまでのプロセス]


音を集める耳 → 外耳道 → 鼓膜 → 中耳 → 内耳 → 脳

このようにして音情報が送られ、人は音を感じることができます。

耳はとても敏感なので、血管の中を血液が流れる音、筋肉や関節の動きの音など、身体の内部の雑音をしっかりキャッチしています。

耳鳴りの原因は、音を伝達する経路のどこかに異常が発生することです。耳の器官のどこかに異常を察知すると耳鳴りが危険信号として作動するわけですね。

つまり、耳鳴りは「耳がちょっとおかしいよ~」と私にサインを送ってくれてたんですね。

こう考えると、耳鳴りも受け入れたくなります。うっとうしがって、ごめんなさい。

【関連記事】
耳鳴りが治る?原因と治療法(ためしてガッテンより)
原因の7割は脳の過剰興奮なのだとか。

耳鳴りに関する病気


耳鳴りの関連疾患には次のようなものがあります。
  • 慢性中耳炎
  • メニエール病
  • 外リンパろう
  • 耳性帯状疱疹(ラムゼ・ハント症候群)
  • 内耳炎
  • 耳管狭窄症              など

また、以下の病気は耳鳴りを引き起こすといわれています。
  • 加齢性難聴
  • 突発性難聴
  • 騒音性難聴
  • メニエール病
  • 耳性帯状疱疹(ラムゼ・ハント症候群)
  • 自律神経失調症
  • 聴神経腫瘍
うーん、聞き慣れない病名がいくつかあります……。

耳鳴りで悩む人の約40%が聴覚過敏であると言われています。聴覚過敏は、普段では気にならないような小さな音でも大きく聞こえてしまう状態。主な原因は自律神経の乱れです。

耳鳴りとうつ病の関係


今回注目したいのは、「うつ病」も耳鳴りを引き起こす病気の一つであるということ。

うつ病は、ご存知の通り、精神的にも身体的にも不安定です。そこから生まれる不安が原因となって耳鳴りを引き起こすことが多いのだそう。そのような状態が続くと聴覚過敏になることもあります。これもまた、緊張やストレスなど精神的な要因ですね。

また、耳鳴りがやまないことを気にかけるあまり、そのこと自体がストレスとなってしまい、耳鳴りを長引かせたり、悪化させてしまうケースもあります。ただ、うつ病による耳鳴りの場合は、うつ病が治っていくにつれて耳鳴りも治まってくるケースが多いようです。

一体何が悪いのか、わけわからなくなってきました。

何にしても、耳鳴りを治すことより、うつ病を治すことを優先して考えた方がいいってことですね。「耳鳴りは気にするな」と。

ちょっと乱暴な気もしますがね……。

【関連記事】
ストレスフル!耳鳴りがうるさいときの3つの対処法

どうしても耳鳴りが気になるなら……


私もうつ病を患ってから、ずっと耳鳴りに悩まされてきました。

診察のたびに「耳鳴りがします」と伝えていたのですが、先生は「耳鼻科で診てもらうといいね」と言って終わり。そりゃそう言うしかないんですけどね、毎度毎度同じ回答なので、めんどくさくなって最近は言わないようにしていました。

でも、先生がおっしゃるように、一度、耳鼻科で異常がないか診てもらうといいですね。耳の器官に異常があれば早く治療しなければいけないし、異常がなければ安心できますからね。

耳鳴りがこれほど多くの病気に関連するものだとは知りませんでした。

耳が鳴っていたら注意。身体の不調や精神的な不安がありますよ~、というサインかもしれません。

あぁ、私は耳鳴りを甘く見ていました……。ただの耳鳴りと侮るなかれってことですね。


最後に、耳鳴りに関する本をご紹介します。「耳鳴りが治る!」という謳い文句の本がよくありますが、こちらはちょっと違います。

「コントロールしながらうまくつきあう」

これってうつ病にも共通する考え方ですよね。

耳鳴りが気になる方、どーぞ。