タイトルなし
untitle / kali



お風呂に入れない。


これは「うつ病あるある」の一つだと思うのですが、いかがでしょうか。

ひどいうつ状態でしんどいときは、とにかくお風呂に入るのがおっくう。どんなに自分を鼓舞してもダメなんですよね。なぜでしょう。

体力を消耗するから? 
身体を濡らすのがイヤ? 
洗う必要ないと無意識に思っている? 

何にしても、入浴はうつ病患者さんにとって大仕事であることは間違いありません。

今日は、お風呂に入るためのちょっとしたポイントをまとめました。「さすがにもう風呂に入らないとマズいぞ」というとき、参考にしてみてください。

お風呂に入る3つのコツ

①今すぐ服を脱ぐ


無気力で、どんなに頑張ってもダメなときは、とりあえず今着ている服を脱いでください。そうすれば、服を着るのもまた面倒なので、仕方なく入浴する流れになります。

裸になってもお風呂に入りたくない場合は、あきらめましょう。入りたくても入れないことが悩みになってはいけませんからね。そのかわり、脱いだついでに新しい下着に替えましょう。それだけでも大きな進歩です。

②とりあえず風呂場へ直行


何も考えず、お風呂場に移動しましょう。浴室に服を着て入ると違和感がありませんか? その感覚を利用して入浴に持ち込みます。①と同様に、すぐに服を脱いでしまうのもポイントです。何なら、服を着たままシャワーを浴びるとか。暴論ですが、さすがにびしょ濡れになれば、何かしらの対応ができるのではないでしょうか。

③入浴タイムの楽しみを見つける


お風呂での楽しみを見つけましょう。私のお楽しみは湯船につかってぼんやりすること。これが至福のひとときです。

その他に入浴の動機付けになりそうなことを挙げると、
  • こだわりの入浴剤の色や香りを楽しむ。
  • 好きな香りのシャンプー・コンディショナーを使う。
  • パックやトリートメント、マッサージオイルなどを使ってセルフメンテナンス。
  • 音楽を聴いたり、テレビやラジオを楽しむ。
  • 本を読む。

「そんな余裕あったら、こんなに苦労しない!」という声が聞こえてきそうですが……。

入浴を一日の目標にして、「風呂入ったら合格!」と認定し、ご褒美を与えるというのはいかがでしょう。湯上り後のコーヒー牛乳やアイスは格別です。何日か振りに頑張って入浴できたときは、ハーゲンダッツにランクアップするとか。

あるいは、「入浴さえすれば良いのだ」と考えて、あとは野となれ山となれ作戦。居直りも大切です。

それでもお風呂に入れないときの対処法


  • ぬれタオルで身体を拭く
これなら寝たままでもできますし、ある程度の清潔を保てます。からだ拭きシートを使うのも良いですね。今はさまさまなタイプの商品が出ています。

  • 入浴の時間を変える
夜お風呂に入る人は、朝起きてから入るとか、お出かけ前に入るとか、タイミングを変えてみるとすんなりできる場合がありますよ。

  • シャワーを10秒浴びるだけ
「5分だけ」「身体を濡らすだけ」というように作業を軽くして、ハードルを下げましょう。

まとめ


キレイにするのは気持ち良いし、お風呂に入ればスッキリさっぱり! って、そんなことはわかってるんですよね。努力もしてるんですよね。でも、できないものはできないのですから仕方ありません。

まぁ、別に風呂に入らなくても死にゃしませんし、臭いのを我慢すれば特に問題もないので、無理はなさらず。無理して入ったからって、うつ病が即治るわけじゃないですしね。

それに、一生お風呂に入れないってことはないでしょうから、あまり気にしない方がいいんじゃないかな、と私は思います。

臭いのは生きてる証拠。ということにしておきましょう。


おまけ


  • 入浴剤 
ラベンダー、ローズマリー、シトラス、トチ、サパン、ワイルドローズの6種類の香りが楽しめる入浴剤のセット。気分に合わせて、心と身体にやすらぎを。ギフトにもいいですね。


  • 防水音楽プレイヤー
USBメモリーに保存した音楽を聴けます。コンパクトでスマートなデザインに惚れました。これがあれば、お風呂に入るのが楽しみになります。


  • からだふきシート
大判で厚めのシートがよさげです。「タオル+リフレッシュ=タオリッシュ」ですかね? 私はダウニー系の甘い香りが苦手なので、せっけんの香りをチョイス。


【こちらもあわせてどうぞ】
【歯磨きがめんどくさい人向け】歯を磨く3つのコツ